teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


2017-8 家族ー息子

 投稿者:同窓生@東京小平市  投稿日:2017年 6月12日(月)19時25分53秒
  息子の病気のことは 過去に書き込みました。
まだ完治に 至っておらず 薬の量は減るも服用は続いています。

通常は健常者となんら変わっている様には見えません。
28歳、独身です。
そんな、息子に勤務先からメキシコ駐在の内示が出ました。
5月GW休暇の前日に話があったようです。

”それはないやろ、普通!”と私は思いましたが、息子は受諾。
そして、今日から、一週間、前準備として上司の方とメキシコ出張です。

順調に行けば10月から正式に赴任。
ミニマム3年は現地駐在でしょうか。

心配で心配で、心配ではありますが
今回の駐在を機会に、病気とたくましく共存出来るようになれば、
あわよくば、病気を克服出来るようになればと切に思う次第です。

じゃあ。。。。
 
 

2017-7 最近の読書

 投稿者:同窓生@東京小平市  投稿日:2017年 5月 2日(火)09時44分31秒
  *夢中で読めたもの、井坂幸太郎「ゴールデンスランバー」
 GOODです。 彼の作品をもっともっと読みたいと思います。

*「星を繋ぐもの」米人J.P.ホーガン作の 硬派SF。
  出だしはメチャ面白くどう展開するかドキドキしましたが、
  私にはかなりハード。 文庫本の字も小さくて苦労しました。

*島田荘司 「異邦の騎士」
  初めて読む島田荘司、今一だったな~。Wikipedia をチェックしたら
  芸能人の間で結構人気がある様子。 異邦は選択ミスだったかな~。

*和田竜 「村上海賊の娘」
 ・面白い!流石 本屋大賞 期待を裏切りません。 現在4巻中4巻目読書中。
  ハラハラドキドキ、結末が楽しみ!!
  この作者の「のぼうの城」「小太郎の左腕」も読みました
  いずれも のめり込む面白さです

 さて、写真は、ひたち海浜公園の次に訪れた
 栃木県“あしかがフラワーパーク”
 藤の花の種類がこれほどまでにあるものとは、びっくりぽん!
 ここの人出も渋谷状態! アジア系外国人がよーけおりました。
 私は車を持っていないので、バスツアーは便利でラクチン。

 

2017-6  妻の歯ブラシ

 投稿者:同窓生@東京小平市  投稿日:2017年 5月 2日(火)09時40分38秒
  夫婦となって30年を超えますが、
ごくたまに、愚妻の歯ブラシを間違って使ったことがあります。

正直に伝えますと、愚妻は 躊躇なくその歯ブラシを捨てます。

そういうもんですかね??????

もったいないので、内緒にしてたこともあります。

さて、写真は、4月30日 日帰りバスツアーで行った
国営ひたち海浜公園(茨城県)。
みはらしの丘にネモフィラが咲き誇る。 丘の向うは太平洋!
ワンダフル? ビューティフル♪でした!
しかし、人出多く JR新宿駅状態。
 

2717-5 今年の桜

 投稿者:同窓生@東京小平市  投稿日:2017年 4月16日(日)16時02分42秒
  昨日と今日で 散りましたね~
昨日のゴルフ場といい 今日の私の通勤路も
見事な桜吹雪でした。

最初の写真は“埼玉県幸手市の権現堤”、
4月2日、日帰り観光バスで行きましたが
桜は3分咲で 今一つでした。
桜と菜の花が一斉に咲く 贅沢なところです。

後は、先週撮った、私の通勤路。
雨で散ってしまうと思いきや、
なんの なんの、 雨の桜も趣がありました。

じゃあ。。。。

 

飯田線各駅停車の旅(素案)

 投稿者:neko#26  投稿日:2017年 4月 4日(火)10時47分28秒
編集済
   バスケ部K君、山岳部O君、W君

 昨夜(4月3日)の雑談で提案のあった「飯田線各駅停車の旅」の件について

 少し調べましたのでこの掲示板にメモしておきます。



-----------   メモ  --------------

 「飯田線各駅停車の旅」について、「青春18きっぷ」を利用

するのが王道でしょうが、「鉄ちゃん」ではない普通人(私も)

には負担が大きいと思われます。

 で、復路は中央線経由とすることで調べてみました。

 (「青春18きっぷ(春季)」は4月10日で終了するとのことです。)



 往路で豊橋から岡谷まで同一列車に「7時間乗車」します。

 普通人には充分な冒険ですね。(お尻が痛くなりそう)



<往路>

 豊橋(発) 10:42(列車番号519М:豊橋発岡谷行き)
            (豊橋駅で弁当を購入)
         ↓

 天竜峡   14:13

         ↓

 飯田    14:42

         ↓

 岡谷(着) 17:31

     (長野から来る各駅停車に乗り換え)


 岡谷(発) 17:55(列車番号444М:長野発甲府行き)

         ↓

 上諏訪(着)18:06

   (上諏訪温泉で宿泊(宿泊施設多数あり))



<復路>

 宿チェックアウト

   (夕方近くまで上諏訪散策・飲酒飲食等)


 上諏訪(発)16:15(列車番号439М:甲府発長野行き)

         ↓

 岡谷    16:24

         ↓

 塩尻(着) 16:35

   (長野発の「特急しなの」に乗り換え)


 塩尻(発) 17:03(「特急しなの20号
              列車番号1020М:長野発名古屋行き)
         ↓

 名古屋(着)19:05

   (名古屋駅近辺で飲酒・飲食等)


---------------------------------------------

 なお、「特急伊那路1号(豊橋10:08 - 12:24天竜峡)」で天竜峡まで行って

 天竜峡温泉で食事付入浴

 その後「特急伊那路4号(天竜峡16:14-18:31豊橋)」で戻るという

 豪華な弾丸日帰りプランもありですかね。(これだと各駅停車の旅ではない)
 

2017-4 東京に住まうメリット

 投稿者:同窓生@東京小平市  投稿日:2017年 3月26日(日)14時46分55秒
  去る2月18日、33回目の結婚記念日の夕食は
JR中央線国分寺駅近くのうなぎ屋さんにしました。

ある時、私が車で移動中にちらっと見つけた、
”太宰治ゆかりの店”の看板のある店を
愚妻がネットで探し出してくれたのです。

営業時間は夜のみで午後5時から、用意したウナギが無くなった時点で閉店。

女将さんは 気さくな方で、初めて訪れた私たち夫婦に気さくに話しかけてくれました。
初代の親父さん(女将のお父さん)は
入水自殺した太宰の死体引き上げを手伝ったとのことです。

店内には、太宰直筆の原稿、常連さんが寄贈した
太宰が生きていた当時の新聞記事スクラップ集、
その中には夕刊フジ、朝日新聞等々色々ありまして、
芥川賞落選の事や自殺の記事などありました。

有名人も多く来るようで、色紙が所狭しと飾ってあります。
最近では、芥川賞受賞のお笑い芸人 又吉さんも訪れていました。

うな重特大で 3,800円也と リーズナブルな価格です。
JR岡崎駅近くの《はせべ》には2年に一度くらい行きますが、
そことは焼き方が違うのです。
国分寺の店は ふんわりとしていて、どうも蒸しているようでした。

愚妻とは、近く 又 行こうと話しています。

じゃあ。。。
 

田園風景を奏でる演奏家

 投稿者:同窓生@東京小平市  投稿日:2017年 3月 5日(日)19時29分29秒
  neko#26さん

アドヴァイスありがとうございました。
答えは、William Ackermanでした。

この際、M. Hedges, G. Winstonも聴いてみました。
特に A. De Grassi いいと思いました♪

さて、本日米国映画 「LA LA Land」を観てきました。
しかも CINEMAXで!
流石 アカデミー賞受賞作品!?!?だった
と言いたかったのですが・・・・・

本編が終わりクレディットを何気なく 見ていたら
挿入曲で Japanese Folk Song
Composer が Rentaro Taki とありました!
えーっつ うっそー!♪ と思い
家に帰ってWEBでしらべると 「荒城の月」がJAZZに編曲されたものがあって
その一部が 使用されていたようです。
全く気が付きませんでした。

じゃあ

 

田園風景を奏でる演奏家

 投稿者:neko#26  投稿日:2017年 2月19日(日)19時05分47秒
  >カントリー風というか田園風景を奏でる演奏家の名前


 昔、私が良く聞いていたのはジョン・レンボーン・グループが演奏するケルト系の古謡やそれらを継承するアメリカのアパラチアン音楽(含むブルーグラス)。

 それ以外だと、アメリカの自然の美しさを表現したウィンダム・ヒル・レーベルの音楽家の演奏。たぶん「William Ackerman」か「Michael Hedges」、「Alex Degrassi」のどれかと思います。特に良く耳にしたのは「William Ackerman」ですね。

 これもYouTubeで検索してみてください。

 なお、ウィンダム・ヒル・レーベルの音楽家の中で日本で最も名が知られたのは、ピアノ演奏家の「George Winston」ではないでしょうか。






 風邪を長引かせています。(インフルエンザではない)
 微熱が2週間ほど続き、この週末にやっと熱が下がりました。
 私の場合、休息は十分の筈(*^_^*)ですので、加齢に伴う体力低下の所為かもしれません。

 現役で頑張っている方々は無理をしないで身体を大切に。
 

2017-3消えていた記憶を呼び覚ますもの

 投稿者:同窓生@東京小平市  投稿日:2017年 2月17日(金)18時20分58秒
  neko#26氏が夢で見て書き込まれた
バート・ヤンシュ
あ~懐かしい名前だな~って 思って
YouTubeで検索しますと
直ぐに出できましたのが
歌の無いギターだけの楽曲 “Anji”
動画を再生すると、おーっ!あの曲だった。♪

国府高校ギター部出身のK君は
私と同じ大学で、彼の下宿は歩いて行ける程の距離にありました。
彼は大学でもギター部に所属し何回か私の下宿にも来たことがあって、
その時 よく弾いてくれた曲が “Anji”でした。
彼はギターが超絶に上手く、ほかにもフラメンコ、ブギウギなど
多彩に弾いてくれました。
その音を聞いて、下宿のギター好きのF先輩が私の部屋に入ってきたこともありましたね。
彼との縁で、私が所属した合唱団の演奏会にギター部の
賛助出演をしてもらったこともありました。

K君は僕と違って優秀で、卒業後は豊川か蒲郡の市役所へ
就職したと その昔、風の噂で聞いたことがあります。

さて、下宿と言えば私の京都の下宿は、比叡山の麓に近い、
八瀬というところにあって冬はとても寒く、夏は少しだけ涼しいところでした。
蔵のある大きな家の二階、鶯は夏まで啼き、
蛍が部屋の中まで飛んでくることもありましたよ。

その部屋にはneko#26さんも泊まってくれたことがありました。
合唱団の定期演奏会のポスターデザインを岡田君にお願いしたこともあって
彼もまた、泊まってくれました。
その時、コンパ芸のエイトマンの振り付けを彼から伝授してもらいました。
それからというもの、学生時代から社会人になって、はたまた米国駐在時代でも
何回も何回も 一体 何回 宴会でエイトマンを踊ったことでしょうか。

また、ある時には、下宿に帰ると、先輩の部屋で
高校同学年だった和田君と神成君が麻雀をしていたことがあって
腰が抜けるほどびっくりした。
何故 あの二人があの時あそこにいたのか????

などなど、とっくに忘れ去っていた過去の記憶が
いっぱい、いっぱい あふれ出てきました。
バート・ヤンシュがトリガーです。

何かが引き金となって、全く意識の表から消えていた
過去の思い出が蘇ってくること
皆さんにも ありませんか?????

じゃあ

PS neko#26さん、
  いつか貴殿が録音MDをくれた、アコースティックギター奏者、
  カントリー風というか田園風景を奏でる演奏家の名前が思い出せません。




 

2017-2 東京に住まうメリット

 投稿者:同窓生@東京小平市  投稿日:2017年 1月22日(日)19時01分6秒
  1月20日金曜日。 休暇を取る。

朝一で立川市のクリニックで人間ドック、
検査を11時に終えて、そのまま東京駅に直行。
行き先は、越後湯沢からローカル線で2駅目の大沢。
目的は温泉でゆっくり一泊二日の短旅行。

初めて乗る上越新幹線、MAXとき号。
高崎を過ぎてしばらくすると、とてつもなく長いトンネルがありまして
そのトンネルを出るとそこは 本当に雪国だった!!

目的地の大沢駅には東京駅からわずか1時間40分で到着。
近い! たったこの時間差で別世界。
半端じゃない銀世界。

出迎えのワンボックスカーで約7分、温泉旅館 “里山十帖”に到着。
世俗化されていない小振りな旅館だ。
我々夫婦含めて6カップルと単身の若い女性客1名で満室。

着いた早々に、日本百名山の一つ、巻機山(まきはたやま)を遠くに望む
露天風呂で先ずは リラックス、湯ラックス。
天候条件がこの時期にしては珍しく良く、山が頂上まで見えた。
夜10時に、男湯と女湯がスイッチ。
翌朝、もう一方の露天風呂に入ったが、吹雪状態で、
とても、ゆったりとした気分にはなれなかった。良い経験ではあったが。

さて、お客の中で、明らかに夫婦ではないとおぼしきカップルは
これまで、たいていの旅館で遭遇したが、今回も一組おりました。

帰りに、1年以内に再訪問したら、カップルで7千円の割引券をもらいました。
東京から思いのほか近いので、雪のない季節にもう一回行こまいかと思っております。
健康体を維持するぞ! じゃあ♪

写真は東京駅で買った駅弁(ひっぱりだこ)、
初日の露天風呂と旅館外観。


 

レンタル掲示板
/66